後遺障害35系列

後遺障害系列表によると、部位、器質的障害・機能的障害の別に基づき、系列区分を生理学的観点から35の障害群に区分したものをいいます。
そして、この系列に区分した各障害について、労働能力の喪失率に着目して一定の順序に配列したものを障害の序列といいます。

後遺障害等級表

後遺障害等級表を以下に記載します。

部位器質的障害機能的障害系列部分
眼球(両眼) 視力障害
調節機能障害
運動障害
視野障害



まぶた(右)
まぶた(左)
欠損障害
欠損障害
運動障害
運動障害

内耳等(両耳) 聴力障害
耳介(右)
耳介(左)
欠損障害
欠損障害
 
欠損及び機能障害10
 
歯牙障害
そしゃく及び言語機能障害
 
11
12
神経系統の機能又は精神神経系統の機能又は精神の障害13
頭部、顔面、頸部醜状障害 14
胸腹部臓器(外生殖器を含む)胸腹部臓器の障害15
体幹脊柱変形障害運動障害16
その他の体幹骨変形障害(鎖骨、胸骨、ろく骨、肩こう骨又は骨盤骨) 17
上肢上肢(右)
 
 
上肢(左)
 
 
欠損障害
変形障害(上腕骨又は前腕骨)
醜状障害
欠損障害
変形障害(上腕骨又は前腕骨)
醜状障害
機能障害
 
 
機能障害
 
 
18
19
20
21
22
23
手指(右)
手指(左)
欠損障害
欠損障害
機能障害
機能障害
24
25
下肢下肢(右)
 
 
 
下肢(左)
 
 
 
欠損障害
変形障害(大腿骨又は下腿骨)
短縮障害
醜状障害
欠損障害
変形障害(大腿骨又は下腿骨)
短縮障害
醜状障害
機能障害
 
 
 
機能障害
 
 
 
26
27
28
29
30
31
32
33
足指(右)
足指(左)
欠損障害
欠損障害
機能障害
機能障害
34
35

併合、加重、準用について

複数の後遺障害が認められた場合は併合(系列を異にする障害が2つ以上ある場合、原則重いほうの等級によること)等級として第14級後遺障害と第13級後遺障害の場合であれば一番重い等級を採用、第13級以上の後遺障害が2つ以上ある場合は、重い方の等級を1級繰上げて採用、第8級以上の後遺障害が2つ以上ある場合は、重い方の等級を2級繰上げて採用、第5級以上の後遺障害が2つ以上ある場合は、重い方の等級を3級繰上げて採用することになります。
※等級繰上げは一人の被害者に一回しか適用できないという原則がある点に注意が必要です。

 

後遺障害等級の認定には、上記の併合以外にも、加重、準用という決まりもあります。
加重は、何らかの障害を負っていた被害者の障害が、新たな事故によって後遺障害等級表上、障害が前に受けたの障害より重くなった場合をいいます。
新たな交通災害以外の自然的経過・既存の障害が原因となった疾病の再発などは加重にあてはまりません。
準用は、後遺障害等級表に記載が無い障害を、障害の程度により後遺障害等級表に掲げる障害に準じ、定めることを言います。

交通事故後遺症関連ページ