後遺障害診断書の書き方とポイント

後遺障害診断書は、後遺障害認定手続に必須の書類です。後遺障害認定手続では、後遺障害診断書などに基づき後遺障害等級の決定がなされ後遺障害の等級によって損害賠償額が変動します。
このページでは、後遺障害診断書の書き方とポイントを解説していきます。

 

後遺障害診断書は症状固定後に担当医師が作成します。 後遺障害診断書は医師が作成しますが全ての医師が後遺障害診断書の書き方を知っているのではありません。その理由は後遺障害診断書は自賠責実務特有の診断書であるからです。
即ち、後遺障害診断書は自動車損害賠償責任保険後遺障害診断書という名称の文書であり、日々一般的に作成する文書ではなく、交通事故被害者の場合のみに作成する必要のある文書であるからです。
そうであるから、医師でも交通事故の案件を取り扱ったことがない方は、後遺障害診断書の書き方もよくわかっておらず、記載内容の不備(特に他覚症状および検査結果欄(神経学的所見、精神機能検査の結果、レントゲン・CT・MRIなどの画像により器質的損傷があるか、機能障害評価として治療成績判定票・疾患別機能障害検査等を記載します。)、障害内容の憎悪・緩解の見通し欄)・検査不足・記載事項の不足等から後遺障害認定が適切に行われないといった事案が生じ得ます。

 

まず、交通事故被害者として、自覚症状の部位と症状を、正確に医師に伝えます。(日常生活や仕事への支障状況、傷跡等についても詳細に伝える必要があります。)
医師は外傷・障害の痕跡・レントゲン結果があれば、記載できますが、目に見えない症状の場合は被害者がどの部位にどのような症状があるのか、痛み、違和感、不調など自覚症状を正確に伝え、医師に後遺障害の症状を詳しく書いてもらい、それらが適切に記載されているか確認する必要があります。
自覚症状はメモしておき、後遺障害診断書の記載時に主治医に説明をよく行うことが肝要であり、他覚症状および検査結果欄との関連性に十分な注意が必要です。
中でも、自賠責の等級認定をする上で、重要事項については、医師に照会をかけ、回答を促す必要があります。
併せて、交通事故の事案によっては、医療調査を行い、症状に見合った等級認定の獲得を目指します。

後遺障害診断書の書き方の具体例

【後遺障害診断書の書き方の具体例】
 

  • ・患者として、自覚症状を正確に伝える
  • ・他覚所見を詳しく書いてもらう
  • ・事故で負った怪我と症状との関係を明確にする
  • ・必要な検査は全て受ける
  • ・どの部位にどのような症状があるか正確に伝える
  • ・後遺障害診断書は空欄がないよう記入してもらう
  • ・可動域を正確に測ってもらう
  • ・画像所見と症状との関係を明確にする
  • ・画像所見の画像撮影日と画像の種類を記載する
  • ・自賠責の等級認定から特に重要なことは医師に照会し、回答を求める(医療調査、照会回答書の作成は交通事故専門家に依頼なさることを推奨します。)

交通事故後遺症関連ページ