後遺症と後遺障害の違い

後遺障害と後遺症は同じ意味であると理解されている方もいらっしゃると思いますが、後遺症と後遺障害は違います。後遺症と後遺障害の違いについてこのページでご説明いたします。

 

後遺症は、一般的にこれ以上治療しても症状の改善が望めない状態になったときに残存する障害の事をいいます。

 

一方、後遺障害は下記要件を満たしたものをいいます。

  • ・交通事故により受傷した精神的・肉体的な傷害であること
  • ・それ以上治療を続けても症状が良くも悪くもないない状態に達していること(症状固定)
  • ・交通事故と当該症状固定状態に相当因果関係があること
  • ・その存在が医学的に説明できること
  • ・労働能力の喪失を伴うものであること
  • ・自賠法施行令の等級に該当すること

 

後遺症と後遺障害は上記のように定義され、後遺症が後遺障害を包括している関係となります。そして、後遺症のうち後遺障害の要件を満たしたものが後遺障害として等級認定され、損害賠償請求の対象となります。

交通事故後遺症関連ページ