症状固定時期

症状固定は、傷病に対して行われる医学上一般に承認された治療方法をもってしてもその効果が期待し得ない状態で、且つ、残存する症状が自然的経過によって到達すると認められる最終の状態に達したことをいいます。
症状固定とする時期は治療の経過、症状の程度・具合等を鑑み、自然な時期とするのが通常です。
症状固定までが長いと後遺障害が適切に認定されにくくなるケースも考えられます。

交通事故×後遺障害・後遺症手続センターの方針

交通事故×後遺障害・後遺症手続センターでは、症状固定時期を必要以上に延ばすのではなく、後遺障害の程度・経過、被害者の具合・症状、医師の治療の流れを鑑み、不自然に長期或いは短期とならないよう、相当期間の経過により症状固定の診断を受けることをお勧めしています。
重症であれば交通事故から2年経過後もいまだ症状固定していないケースもある一方、軽症の場合は6ヶ月、1年ほどで症状固定するケースもよくあります。

後遺障害が残った場合は特定の症状固定日を設定し、症状固定日に残存している症状により、後遺障害診断書を医師に作成してもらい、保険会社に対して、自賠責保険金の請求書、後遺障害診断書・検査資料などを提出して、後遺障害の認定を求めていきます。

症状固定の注意点

症状固定で注意して頂きたい主な点としては、症状固定日前は、治療費、通院費、休業損害、入通院慰謝料、等を請求することが可能ですが、症状固定より後はこれらの名目で損害賠償を請求することはできなくなることが挙げられます。
症状固定日より後は、後遺障害慰謝料、後遺障害による逸失利益、将来の介護費用等が観念できます。
もっとも、等級の認定がされない(非該当)場合は、症状固定日以降の損害請求は困難になるとお考えください。

交通事故後遺症関連ページ