示談のリスク

示談は、交通事故が発生した場合に、加害者及び被害者が話し合いにより損害賠償額・支払い方法等を決め、当事者間で解決をする民法上の和解又は和解類似の契約をいいます。

 

人身事故は、相当程度の期間が徒過しないと、傷害の程度、後遺症の有無、治療期間などを把握することが困難です。そのような中、加害者は刑事責任の減免等の諸事情から示談を試みてきます。
被害者は、交通事故にあったことから抱く動揺、交通事故についての知識不足など相まって示談に応じてしまうケースが往々にしてみられますので、この点、十分な注意が必要です。

交通事故の示談について

交通事故に関する損害に要した費用は、必ず領収証、レシート等で保管し、移動交通費は、ノートやメモ帳に日付、交通経路等を記載することで保管をしておいて下さい。
相手方と書面でやり取りを要するときなどは、正副2通を用意して、1通を保管しておくことも重要です。
示談においては、相手方の職業や収入の多寡にもよりますが、収入に不安のある相手方の場合、示談金はできるだけ一括で受け取ることが望ましいです。将来的な示談金支払い能力の観点から当事務所では一括受け取りを推奨しています。
相手がどういった事を言ってきたとしても、安易に署名・押印をしてはなりません。
少しでも疑問や疑念が生じた場合は、交通事故の専門家に逐一相談するのがいいでしょう。

 

また、示談書の記載内容にも注意を払う必要があります。一般的な交通事故の示談では、主に以下のような項目が示談書に記載されます。

  • ・交通事故の日時
  • ・交通事故が起こった場所
  • ・交通事故の内容
  • ・被害の内容
  • ・示談金
  • ・支払い方法
  • ・作成年月日
  • ・加害車両の車種・車両番号
  • ・被害車両の車種・車両番号
  • ・加害者の住所・氏名
  • ・被害者の住所・氏名
示談後に新たな損害が判明した場合は改めて協議するといった文言を示談書に記載があるかよく確認する必要があります。

交通事故後遺症関連ページ