疼痛・カウザルギー・反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)

反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)は、骨折、捻挫、打撲等の外傷などを発端として慢性的な痛み・腫れ自律神経症状が持続することで運動制限や関節の拘縮が起こる症状をいいます。痛みは 外傷を受けた部分だけでなく、拡大するようなケースもあります。
体内では、外傷を受けると交感神経反射が起こり四肢の血管が収縮します。外傷の治癒によって交感神経の異常が無いと、交感神経反射が消失、血管は元の状態に拡張しますが、反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)の場合は、外傷の治癒後も、交感神経反射が消失せず、交感神経亢進状態が続くことで血管の収縮が維持されることとなります。

 

カウザルギーは、1本の神経や主要な分枝の部分損傷後に起こる手や足などの灼熱痛、アロディニア、痛覚過敏などの症状をいいます。

 

RSDとカウザルギーの違いは、比較的太い末梢神経の損傷を伴っているか、否かに収斂されます。比較的太い末梢神経の損傷があるものがカウザルギー、そこまでの損傷がないといえる場合をRSDとして区分しています。RSDとカウザルギーを併せて、CRPS(複合性局所疼痛症候群)と総称されています。

反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)・カウザルギーの症状

  • ・反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)の症状
  • 反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)の症状は、疼痛、関節拘縮、腫張、皮膚色の変化が挙げられます。二次的な症状としては発汗の変化、皮膚温の変化 栄養障害、血管運動調節の不安定性などの症状があります。

     
  • ・カウザルギーの症状
  • カウザルギーの症状としては、激しい灼熱痛、手や足の機能低下、原因から予想される通常の痛みを超えた激しい痛み、着衣・微風の触感が痛みとなる、浮腫、皮膚色の変化などが挙げられます。

CRPS(複合性局所疼痛症候群)の後遺障害認定のポイント

CRPSの症状の自賠責保険における後遺障害認定は、要件が関節拘縮、骨の萎縮、皮膚の変化の症状を健側と比較し、明らかに認められる場合となっています。
関節拘縮は、関節機能障害で評価した場合の等級を参考に行います。皮膚の変化は、サーモグラフィー、発汗テストなどの検査を行い、健側と比較した皮膚の写真を確認していきます。骨の萎縮はMRI、X-Pで状況を把握していきます。

 

上記の3つの医学的異常所見をいかに総合的に評価できるかどうかがCRPS(複合性局所疼痛症候群)の後遺障害認定ポイントとなります。

交通事故後遺障害の種類関連ページ