耳の後遺障害

耳の後遺障害は基本的に聴力の障害についての評価をしますが、その他、耳介の欠損、耳鳴り、耳漏の認定がなされます。
耳の後遺障害は、単体で起こることはあまりなく、頸部捻挫などの末梢神経障害、頭部外傷による高次脳機能障害などの場合に聴力障害の症状が生じることが往々にしてあります。

耳の後遺障害の症状

    耳の後遺障害は、下記が挙げられます。
  • ・欠損障害(耳介の軟骨部の2分の1以上の欠損をいいます。)
  • ・機能障害(聴力の喪失、低下による後遺障害をいいます。音そのものが聞こえない障害と音そのものは聞こえるが、言葉が聞き分けることができない障害があります。)
  • ・その他(耳鳴・耳漏、30dB 以上の難聴を伴わないものは耳の後遺障害にはなりません。)

耳の後遺障害等級表

1.両耳の聴力に関する等級認定

等級後遺障害
第4級3号両耳の聴力を全く失ったもの
・両耳の平均純音聴力レベルが90dB以上
・両耳の均純音聴力レベルが80dB以上、かつ、最高明瞭度が30%以下
第6級3号両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
・両耳の平均純音聴力レベルが80dB以上
・両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上80dB未満、かつ最高明瞭度が30%以下
第6級4号片耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
・片耳の平均純音聴力レベルが90dB以上、かつ、他耳が70dB以上
第7級2号両耳聴力が40cm以上の距離では、普通の話声を解することができない程度になったもの
・両耳の平均純音聴力レベルが70dB以上
・両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上、かつ、最高明瞭度が50%以下
第7級3号片耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
・片耳の平均純音聴力レベルが90dB以上、かつ、他耳が60dB以上
第9級7号両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの
・両耳の平均純音聴力レベルが60dB以上
・両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上、かつ、最高明瞭度が70%以下
第9級8号片耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの
・片耳の平均純音聴力レベルが80dB以上、かつ、他耳が50dB以上
第10級5号両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの
・両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上
・両耳の平均純音聴力レベルが40dB以上、かつ、最高明瞭度が70%以下
第11級5号両耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
・両耳の平均純音聴力レベルが40dB以上

 

2.片耳の聴力に関する等級認定

等級後遺障害
第9級9号片耳の聴力を全く失ったもの
・片耳の平均純音聴力レベルが90dB以上
第10級6号片耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
・片耳の平均純音聴力レベルが80dB以上90dB未満
第11級5号片耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
・片耳の平均純音聴力レベルが80dB以上90dB未満
第14級3号片耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
・片耳の平均純音聴力レベルが40dB以上70dB未満

 

3.耳介の欠損に関する等級認定

等級後遺障害
第12級4号片耳の耳殻の大部分を欠損したもの
・耳介の軟骨部の1/2以上を欠損
耳介の軟骨部の1/2以上を欠損した場合は片耳について12級4号となります。この場合、醜状痕にもあたる場合は醜状痕の等級が適用となりますが、併合にはなりません。

 

4.耳漏に関する等級認定

等級後遺障害
第12級常時耳漏があるもの
第14級その他のもの
耳漏は、交通事故によって鼓膜に穴が開いて、外耳道から病的分泌物が流れ出している症状をいいます。

 

5.耳鳴りに関する等級認定

等級後遺障害
第12級耳鳴に係る検査によって難聴に伴い著しい耳鳴りが常時あると評価できるもの
第14級難聴に伴い常時耳鳴りのあることが合理的に説明できるもの
耳鳴りは場合によっては、脳血管の異常などが発覚することもあり、放置しておけない症状です。

交通事故後遺障害の種類関連ページ