目の後遺障害

目の後遺障害は大きく目とまぶたの後遺障害に区分されます。自賠責保険の基準でいう視力は、裸眼の視力を指すのではなく、眼鏡やコンタクトレンズを着けた際の視力を指します。(矯正が不可能な場合は、裸眼によります。)

目の後遺障害の症状

    目の後遺障害は、下記等が挙げられます。
  • ・視力障害(視力低下は0.6から認められます。)
  • ・調節機能障害
  • ・視野障害(視野が狭くなる障害をいいます。)
  • ・注視野障害(注視野は、頭部を固定して眼球を運動させて直視可能な範囲をいいます。)
  • ・複視(複視とは、ものが2つに見える状態をいいます。)
  • ・斜視(左右の目がそれぞれ異なる方向を向いている状態をいいます。)
  • ・瞼の運動障害

眼の後遺障害等級表

1.視力障害に関する等級認定

等級後遺障害
第1級1号両眼が失明したもの
第2級1号片目が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの
第2級2号両眼の視力が0.02以下になったもの
第3級1号片目が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの
第4級1号両眼の視力が0.06以下になったもの
第5級1号片目が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
第6級1号両眼の視力が0.1以下になったもの
第7級1号片目が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの
第8級1号片目が失明し、または片目の視力が0.02以下になったもの
第9級1号両眼の視力が0.6以下になったもの
第9級2号片目の視力が0.06以下になったもの
第10級1号片目の視力が0.1以下になったもの
第13級1号片目の視力が0.6以下になったもの

 

2.調節機能に関する等級認定

等級後遺障害
第11級1号両眼の眼球に著しい調節機能障害(調節力が通常の2分の1以下となった)又は運動障害を残すもの
第12級1号片目の眼球に著しい調節機能障害(調節力が通常の2分の1以下となった)又は運動障害を残すもの
眼の調節機能障害の検査にはアコモドポリレコーダーが調節機能測定装置として使用され、調節力が2分の1以下となったものが後遺障害の対象となります。

 

3.視野障害に関する等級認定

等級後遺障害
第9級3号両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
第13級3号片目に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
視野障害は、片目の視野に異常が出はじめても、片方の正常な目によって欠損部分の情報を補うので、視野の異常が判明しにくい場合が多く見受けられます。

 

4.運動障害に関する等級認定

等級後遺障害
第10級2号正面を見た場合に複視の症状を残すもの
第11級1号両眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害(眼球の注視野の広さが2分の1以下となった)を残すもの
第12級1号片目の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害(眼球の注視野の広さが2分の1以下となった)を残すもの
第13級2号正面を見た場合に複視の症状を残すもの
複視の要件は、複視のあることを自覚していること、眼筋の麻痺など、複視を残す明らかな原因が認められること、ヘススクリーンテストで患側の像が水平方向或いは垂直方向の目盛りで、5度以上離れた位置にあることが確認されることの3要件が必要です。

 

5.まぶたの欠損障害に関する等級認定

等級後遺障害
第9級4号両眼のまぶたに著しい欠損(まぶたを閉じたとき、角膜を完全に覆うことができ得ない程度)を残すもの
第11級3号片目のまぶたに著しい欠損(まぶたを閉じたとき、角膜を完全に覆うことができ得ない程度)を残すもの
第13級4号両眼のまぶたの一部に欠損を残し(まぶたを閉じたとき、角膜を完全に覆うことができるが、白眼(球結膜)が露出している程度)又はまつげはげ(まつげのはえている周縁の2分の1以上にわたりまつげのはげを残すもの)を残すもの
第14級1号片目のまぶたの一部に欠損を残し(まぶたを閉じたとき、角膜を完全に覆うことができるが、白眼(球結膜)が露出している程度)又はまつげはげ(まつげのはえている周縁の2分の1以上にわたりまつげのはげを残すもの)を残すもの
眼瞼の欠損は、瞼の欠損としての等級認定だけでなく、外貌醜状として等級認定を獲得できるケースもあります。

 

6.まぶたの運動障害に関する等級認定

等級後遺障害
第11級2号両眼のまぶたに著しい運動障害(まぶたを開いたとき、瞳孔領を完全に覆うもの、或いは、まぶたを閉じたとき、角膜を完全に覆うことができない程度)を残すもの
第12級2号片目のまぶたに著しい運動障害(まぶたを開いたとき、瞳孔領を完全に覆うもの、或いは、まぶたを閉じたとき、角膜を完全に覆うことができない程度)を残すもの

交通事故後遺障害の種類関連ページ